CHAKI CHAKI STITCH BLOG

子供型紙販売ちゃきちゃきステッチ オフィシャルブログ


端を伸ばさないようにロックする1つの方法

2017年9月28日

ロックミシンで端が伸びる



とっても便利なロックミシンですが、ニット生地にロックをする時、端が伸びてうねうねしちゃったりしてませんか?

程度によっては、ロック後にアイロンで押さえればキレイになると思いますが、これってちょっと面倒ですよね。

縫い合わせる時に、長さが違うとズレてしまう事もありますし、出来るだけ型紙と同じ生地パーツどうしを縫い合わせるのが、キレイな洋服を作るポイントでもあるんです。

にロックする方法

生地が伸びないようにロックする方法



ステッチで伸びてしまうなら、縮めながら縫えばいいんです。

方法は簡単です。

ロックミシンについている差動で調整することです。

縮める方へレバーを動かしてください。

伸び率にもよりますが、試しぬいのついでに、どのくらい生地が伸びるのかチェックすると簡単です。

  1. 試しぬいでN(ニュートラル←差動無しの意味)で縫ってみる。
  2. なみなみになっていたら、差動レバーを縮める方へ1つ動かしてもう一度試しぬいする。
  3. キレイな状態になるまで1メモリづつ差動レバーを動かして調整する。

これだけです。私は目盛りを1.3にしていることが多いです。

ちなみに差動はニット生地だけでなく、布帛にも使えます。

例えば、織り目が粗いタイプの生地の端を、伸ばさないようにロックしたり、カーブをキレイに縫う為に使用したり。裾カーブを縫い縮めるのに使ったりします。(←裾上げが楽になりますよ。)

差動を使用したことが無い方もいらっしゃるかも知れませんが、とっても簡単にキレイに縫えるので、使用しだすと手放せない機能です。

簡単でキレイな仕上がりソーイングのポイントです。ソーイングの幅も広がりますのでぜひお試しくださいね。

ブログランキングに参加しています。応援crick!


※ただ今、スパム対策のため、コメントを認証制にしております。


name
Message

▲PAGETOP