CHAKI CHAKI STITCH BLOG

子供型紙販売ちゃきちゃきステッチ オフィシャルブログ


ハンドメイドは材料で完成度がキマル!?

2018年5月15日

子供帽子型紙

手作り帽子の完成度は、材料でキマルみたいです。

初めて帽子型紙を作るので、いろいろと試してみましたが、代用品の材料で作るより、かなり完成度が上がるので、びっくりしました。

今回ちゃきステで販売した『洗える折りたたみ帽子 サファリハット』は、薄い生地で作るので、仕上がりに素人くささは出にくい型紙です。

子供帽子型紙

普通にかぶっていても、デザインがまとまっていればいい感じに見えます。

上のサンプルは、密かにインスタ映えを狙ったデザインです。

(インスタ映え…してマスよね?してませんか? 笑)

私の作ったサンプルも、

『おしゃれだから同じのが欲しい!どこで買ったの?』って聞かれます♪

そんなに縫製力に自信はありませんが、お店で買ったように見えるんだと思います。(笑)

でもね。帽子って、室内で脱がなければならない場所も多いでしょ?

だから、裏側が意外に目立つんです。

子供帽子型紙

そんな時、リバーシブルではなく、サイズテープを使った帽子だと、お店で売っているのと同じ作り方なので、まさかハンドメイドだとは気付かれにくい!

上の写真を見て下さい。買った帽子みたいでしょ?理由は、サイズテープです。

サイズテープってこんなんです。

ハンドメイドの帽子だと、リバーシブルのモノが多いと思います。

どんでん返しで作れるので簡単ですしね。

でも、売っている帽子の多くが、サイズテープを使った帽子です。リバーシブルではありません。

型くずれして欲しくないとか、そもそも固いからひっくり返せないとか、いろいろと理由はありますが、ハンドメイドで帽子を作るなら、やっぱり完成度って重要です。

『まさか!?手作りなの?すごいっ!』

って褒められる時の快感ったら無いですし。(笑)

買ったの前提で会話が進むのもうれしい♪

『その帽子どこで買ったの?』とか。

ハンドメイドは、作っている時やデザインしている時ももちろん楽しいですが、作った後で、子供や回りの人に褒められちゃったりして、何度も楽しめる趣味です。

しかも、それが子供の記憶と一緒にずっと残ったり、孫にその話をして続いたり。そんなすばらしい世界へつながっている趣味です。

自己満足で作っても、それよりもっと広い次元で広がりが感じられるものなんですよね。

そのためには、ぜひしっかりした型紙を使ってください。そしてある程度、数をこなしてたくさん作ってください。

何度も作ると、完成度がだんだんUPしていきます。

もう職人の世界観です。

っとまた話が脱線してきました。

こういったお話も、また追々UPしていきたいと思っています。

(先日の、型紙屋さんのお話、反響がすごかったです。今まで思っていても、表に出してい無かったことなので、受け入れて頂けるか不安でしたが、今後、もう一度しっかりお伝えしたいと思います。コメントありがとうございました。こちらの記事の下の方に書いてます。

ちゃきステの帽子用材料には、こだわりがあります。

『わが子に使っても不安はないか?』が基準です。

例えば、帽子用の平ひも。

アパレルではその商品ごとに、ボタンやバックルなんかの材料を染めたり、それ用に編みたてたりするので、平ひもも定番商品として売っていると思っていました。

でも意外にも、平ひもはほとんどの手芸店で売っていません。

もと服飾資材メーカーの知人に聞いてみると、平ひもは丸ひもをつぶして作るんだそうです。

だから、わざわざ最初から平ひも専用に作って、お店でおいているお店が少ないんだとか。

その知人いわく、平ひもは丸ひもをつぶすため、綿よりアクリルの方が戻りにくいので、そっちが良いらしいです。

でもネットで検索しても、アクリルの平ひもだと靴ひもが多いんですよ。(っというか、平ひもで検索してもほとんどが靴ひも向けです。)

なので、現物をみてチェックするしかない!と決心して、綿・アクリル・ナイロンなど、かなりたくさんのサンプルを取り寄せました。

その中で、綿のようにさわやかな手触りで、綿より毛羽立ちにくそうなアクリルの平ひもを選びました。(日本製です。何度もストッパーを上げ下げするので。綿は毛羽立ち易い。元々すこし固めで、洗濯するともっと固くなりそうな感じでした。)

サイズテープは、安心のKIYOHARA製。アパレルの大手副資材メーカーです。ちゃきステが選んだのは、良く見るふっくらしたサイズテープより薄手のタイプ。夏にはこのくらいの方がいいかな?と思います。

※そういえば、サイズテープで検索すると、サイズ調整テープが出てきます。これは大きすぎる帽子の頭口を小さくするためのモノなので、サイズテープとは別物です。(名前が似てるので勘違いしやすいです。)

作った帽子が大きすぎた場合に使用してくださね。

そして、今回の仕入れで一番苦労したのがストッパーです。

帽子に使うためのストッパーには、1つ穴と2つ穴があります。(違うデザインもありますが、)

1つ穴のタイプでも作れますが、ひっぱると抜けてしまうため、先っぽに対策が必要になります。(結ぶかビーズなどを通す。)

2つ穴タイプでも、先までひっぱると引き揚げにくくなりますが、もし先を結んでいた場合、子供がその結び目を取ってしまっても、抜け落ちる事が無いので安心です。

帽子を作る時に、平ひもが通しやすいのもポイントでした。

(左側が骸骨っぽくみえるのは私だけ…?)

丸型もありますが、すっきりシンプルにかっこよく、おとなにも子どもにも使いやすいで。何より押しやすいので、四角っぽい形が良いなと思ってました。

(できれば円柱ではなく楕円で、薄型が良い!上の左は円柱型。ほとんどのストッパーが円柱型でした。)

上の形は、私が使いやすいと思う条件だったんですが、帽子用のストッパーで重要なのは、サイズ感。

帽子用なので、デザインを邪魔しない小さくて目立ちにくいものが理想です。

でも売っているストッパーは、3cm程度の長さのモノがほとんどで、2cm程度のものを探すのが大変でした。

そんな中、アウトドア用のストッパーで有名なメーカーのサンプルも取り寄せましたが、しっかりしすぎて大人でもうまく押せない…。

(すべてプラスチック製のストッパーは固いものが多いようです。バネの方がやわらかいので、購入する時に参考にしてください。)

子供の力で押せて、あごひもを調整できるもの。

海外製のよくわからないブランド(メーカー)のものも多いのですが、せっかく付けたのにすぐ壊れてしまったら、面倒くさすぎて直さず放置しそうなので(私の場合です…。)、耐久性の高い、YKK製にしました。

(こちらが帽子材料セットのページです。)

裁縫帽子材料セット

さんざん、帽子には材料が必要だとお伝えしていますが、ちゃきステが色々とこだわって集めた帽子材料セットはすでにSOLD OUTしてます…。⇒再入荷しました!

型紙発売時だけの発売にしようと思っていましたが、10セット以上お買い上げになっていらっしゃるお客様もいるので、次回追加で発売しようと思います。

(しかもこれだけ買って下さるお客様も。やっぱり欲しくても手に入りにくいんですね。)

ただし、ショップページにも書いていますが、いつまでメーカー在庫があるか分かりませんので、定番商品としてけない状態です。

欲しい方は、次回オープンまでお待ちくださいね。


==2018/07/01追記==

帽子材料(ストッパー・平ひも・サイズテープ)再入荷



すでに再入荷しております。在庫切れの際は、大変ご迷惑をおかけしました。

帽子材料セット(ストッパー・平ひも・サイズテープ)はこちら。


ちゃきステは、5/16の朝あたりまでオープンしてます。



予約販売のため、発送は5/22頃になる予定です。

すでにたくさん帽子型紙をお買い上げ頂いています♪

あなたもぜひチェックしてくださいね。

印刷型紙のちゃきステはこちら

ダウンロードSHOPは常時OPEN!

帽子型紙も買えます♪


※ただ今、スパム対策のため、コメントを認証制にしております。


name
Message

▲PAGETOP