CHAKI CHAKI STITCH BLOG

子供型紙販売ちゃきちゃきステッチ オフィシャルブログ


実は帽子の日よけは暑苦しい!?

2018年5月14日

子供帽子型紙

暑い夏に大活躍する帽子の日よけ。

暑い日でも『とりあえず日よけがあれば大丈夫!』って思っていませんか?

実は、日よけはついていれば良いという事では無いんです。っというのも、夏に不向きな日よけがあるんです。

不向きな日よけとは=ズバリ2重仕立ての日よけです。

ハンドメイドで作る時にも、同じパーツを縫い合わせるだけなので、簡単に作れます。

っが…、実は問題点があるんです。それは…。


『暑い…。頭じゃなくて首が。とにかく首の後に熱がこもる…。』


2重なのでかぜを通しにくいため、ムレてかなり暑い帽子になってしまうんです。(悲)

ロングヘアの方は、夏に髪を下していると、首の後がすごく暑いでしょ?

街中でも、髪をあげて後の首を何かで仰いで、風を送っている人いますよね?

要するにあの状態です。

ロングヘアーだと、うだるような暑さの時には、ゴムで髪の毛を結びたくなりますもんね。

なので、帽子を買う時やハンドメイドする時は、2重の日よけはやめて下さいよ~。

かなりスースーの生地を使用すれば風通しはいいでしょうが、それでもその生地の1重の方が涼しそうですし。(笑)

日よけできる生地の織り目の範囲内で考えれば、やはり2重は暑いはず…。

せっかく作った暑い夏の日用の帽子が、首が暑すぎる帽子になってしまうなんて、こんな残念なことはありませんよね!


っで、ちゃきステが考えたのは、1重で簡単キレイに作れる方法です。

この場合、日よけ布の端始末をどうするのかが、かなりのカギです。

2つ折りや三つ折りは、カーブを整えるのが大変なので、却下。(これ嫌いです。)

日よけの端っこを、ある程度しっかりさせたい狙いもあって、バインダー始末にしました。

バインダーは、バインダー布を一定の巾に調整するのが難しく、苦手意識のある方の多い作り方です。(私も嫌いでした!)

じゃあこれを、普通のミシン縫いの感覚で、スイスイ縫えるようにするにはどうしたら良いか?

実は、布の調整をしない作り方のバインダーの作り方があるんです。(学校では教えてくれませんよ~。)

布の調整をしないバインダー



子供帽子型紙

初めてこの方法で縫った時、あまりに簡単に縫えたので、本当に感動しました!

縫い方もさることながら、今回の型紙は、日よけの形自体も縫いやすいカーブに仕上げているので、さらに安心感がありますよ~。

ハンドメイドは、キレイに縫う方法や道具を知っているかどうか、その知識がダイレクトに作品の仕上がりに直結しています。

この縫い方は、ぜひあなたにも、覚えて頂きたいバインダー始末です。(他の作品に応用できますし。)


涼しい日よけの洗える折りたたみ帽子型紙(52~62cm)



子供帽子型紙

ただ今、印刷型紙のちゃきステでは、5/15の20:00以降の作業が出来る時間まで予約販売にてオープンしております。

今回はA3型紙なので、他の型紙よりちょっとお得な値段です。バインダー布だけ貼り合わせがあります。

別々で購入する手間のない、帽子の材料セットも販売中です。(結構こだわって仕入れた材料ですよ~。)

印刷型紙のちゃきステはこちら


子供帽子型紙

ダウンロードSHOPでは、A3またはA4版の型紙を販売しています。

クレジット決済が完了したら、すぐにダウンロードできるので便利な型紙の買い方です。

常時オープンしていますので、ぬいモチが高い時にサクッと作れますね~。

ちゃきステダウンロードSHOPはこちら


==帽子に関する他のブログ記事はこちらです。==

・お店で売っているような帽子をハンドメイドで作る1つの方法


※ただ今、スパム対策のため、コメントを認証制にしております。


name
Message

▲PAGETOP