CHAKI CHAKI STITCH BLOG

子供型紙販売ちゃきちゃきステッチ オフィシャルブログ


着られなくなった洋服を着る1つの方法

2017年11月27日

着られなくなった洋服イメージ

お気に入りの洋服なのに、着られなくなった事はありませんか?

デザインが野暮ったくなってしまった洋服は、仕方がありませんが、まだまだ着られるデザインなのに、1度着たら毛玉が出来て、部屋着になっちゃうなんて悲しいですよね。

手持ちの毛玉服を復活させるためには、当たり前ですが、毛玉を取ればいいんです。


なぜ毛玉が出来る洋服が増えているのか



最近は、とろみ系の流行りもあり、トレーナーやズボンなど、色んな洋服に化学繊維が使用されており、一見コットンに見える素材でも、実は化学繊維で出来ている洋服がたくさんあります。

一昔前までは、綿や麻、ウールなど、とにかく天然素材100%の価値が高く、ちまたにあふれていたように思いますが、化繊が入った事で、着心地がよくなり、自宅で洗濯可能になるなど、扱いやすくなりました。

ただし素材や加工の種類によっては、長く着られない洋服も多くなったように思います。


新品のような洋服を着たいなら、毛玉を取ればいい。



そうと考えた時に、真っ先に思い浮かぶのは毛玉取り器なのですが、ニット以外では使えないイメージと穴が開く心配があったので、普通の洋服で使うのはどうなのかと思いましたが、試しにこちらの毛玉取り器をホームセンターで購入して、さっそく使ってみました。(楽天は安いですね。去年ホームセンターで買った時は¥2500くらいだったような気がします。)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イズミ 毛玉取り器 毛玉カットとるとる ピンク KC-NB34-P
価格:1809円(税込、送料別) (2017/11/27時点)



before&afterを載せました。表側が天竺編みのニット生地です。(カットソー)


毛玉取り器のビフォーアフター

もうね。すごいです。

驚くほどキレイになり、洋服が復活しました。最近の毛玉取り器は、本当にすごいですね。

気持ちよく毛玉が取れて、ゴミも捨てやすいんです。

出かける間際に洋服を着たまま毛玉を取ることもできますし、穴が開かないようにするアタッチメントが付いているので、普通に使う分には、穴は開きにくいです。

毎シーズン購入していた冬の定番アイテムであるニット帽も、毛玉取りで復活したので、今年は買わなくて済みそうです。

昔からある毛玉取り器ですが、我が家では、無くてはならないアイテムになりました。

もし毛玉で着られない洋服がある方は、ぜひ試してみてください。

一度やってみると、本当に手放せなくなりますよ。

▼予約販売のお知らせ

今日の20:00以降の作業が出来る時間までオープンしております。
https://katagamiya.com/

冬シーズンが始まりました!サッと作れるアイテムで季節の変わり目を乗り切りましょう!

ブログランキングに参加しています。応援crick!


※ただ今、スパム対策のため、コメントを認証制にしております。


name
Message

▲PAGETOP