CHAKI CHAKI STITCH BLOG

子供型紙販売ちゃきちゃきステッチ オフィシャルブログ


針が折れずに完成する子供の三角巾

2018年1月29日

子供エプロン型紙と三角巾型紙『三角巾の横向き』

残念ながら前回のサンプルで、針が折れてしまった三角巾ですが、今回は作り方や型紙など色々と修正したので、無事に針が折れることなく完成しました。

ハンドメイドする事も多い三角巾は、角やゴム部分のミシン縫いで、針が折れることが多いアイテムです。

針が折れると、針を替えるだけでなく、縫えていた部分をほどいて整え、ミシン糸をかけ直して再度縫わなくてはなりません。

生地の厚みのせいで針が折れることが多く、原因が解消されない状態でやり直すため、何度やってもうまくいかず、糸をほどいては針替え、糸替えの悪循環になってしまう事もあります。

一番ミシンの針が折れるのは、三角の角部分です。

ほとんどの三角巾は三つ折り始末になっているため、左右の縫い代3つづつが2か所で6重にも重なってしまうからです。ちゃきステの三角巾は、三つ折り始末にしていないので、針が折れることなくキレイに仕上がります。

もし三角巾の型紙を探す際には、三つ折り始末かどうか、直線ミシンだけでつくるかどうかをチェックして、そうでないものを使用すると、針が折れにくいと思います。

そして針が折れない事と同じくらいこだわったのが、かぶった時のシルエットです。

三角巾はやわらかな生地を使用しないと、下のような角張ったシルエットになりがちです。

バンダナで結んだようなシルエットになる三角巾を目指して、タックの本数を増やし、方向や位置も修正したことで、かなり立体的なシルエットになりました。

簡単に作れる子供三角巾とシルエットがきれいな三角巾

上の写真の左が修正後です。真ん中あたりがふくらんでいるのが分かると思います。

ただし、これでもやはり厚手の生地を使用すると、もみあげあたりまではタックで頭の形に沿いますが、その上部分の角は出ます。これは生地の貼りが原因なので、三角巾の型紙では解消されません。

解消するためには、ヘアバンドや帽子のような製図にするか、貼りのないやわらかい生地を使用する必要があります。

ちゃきステの三角巾なら、シルエットが気になる場合は、手で頭に沿うようになでるとキレイなシルエットになりますので、ぜひお試しください。(右が頭をなでた写真です。)

子供三角巾型紙の横からシルエット

今回の新作では、三角巾にも力を入れて型紙を研究しましたが、

『形より、とにかく簡単にすぐできる三角巾が欲しい!』

そんな場合もあると思います。だから、数分で完成する三角巾もおまけで付けようと思っています。

(こちらはよくある平面的な三角巾。2つ上の置き型写真を見て下さい。右側が簡単バージョンの三角巾です。)

型紙として印刷すると、印刷枚数が増え値段が上がってしまうので、A4レシピ内に入れて対応しようかなと思っています。(A4貼りあわせになります。)

こちらはゴムが見えるタイプになっていますので、余裕のある方は、黒や赤など、カラーゴムを使用して頂くと雰囲気よく仕上がりますよ。

そして幼稚園や学校へ持っていく時に便利な、エプロンや三角巾やマスクなどを入れられる巾着袋の型紙と作り方もおまけで入れる予定です。出来れば今日オープンする予定ですので、またお知らせしますね。



※ただ今、スパム対策のため、コメントを認証制にしております。


name
Message

▲PAGETOP